Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

RENGETSU〜もっと自由に、うつわ遊び

日々の暮らしを楽しむための器の提案とお料理や暮らしのお花を添えて過ごす
四季の生活を紹介します。
<< お惣菜 コンニャクのピリカラ炒め | main | いよいよ 待望の 始まります! >>
お鍋ご飯のおこげ/追記

自宅 キッチン

先日、土ものの土鍋でご飯を炊きました。
新しい土鍋なので、何日か前に鍋を洗ってよく乾かして置きます。
あとは、お米のとぎ汁を鍋に入れて、30分ぐらい沸騰させて、
洗って乾燥させました。

新品の鍋は土の匂いがしていましたが
今はお米のいい香りが漂います。
これなら、美味しそうなご飯を炊けそうです〜〜♪

まずは、30分ぐらい前に米を洗い
ザルに上げておく。
お米と分量の水を入れて火にかける。
沸騰したら火加減を弱火にして15分程炊き、
15分たったら、いったん火を強火にしてすぐ火を止めます
(土鍋の穴から沸騰する蒸気がおさまったら炊き上がりです)

そのまましばらく(10分程〜15分程)蒸らし、
出来上がったらおしゃもじで底から軽くお米を混ぜる。




美味しい炊きたてごはんの完成です。



 自宅 和室


おこげが見える方を上にしてお茶碗に盛り付けます。


残りはおこげのおにぎりにしましたが、
丸るめたおこげをお茶漬けにしたり、澄まし汁に入れても美味しいです〜〜♪



いろいろな食べ方で楽しんでみて下さいね。



・・・・・・
土鍋といえばお隣の県で製造されていて大変有名ですが、
地元の企業様も製造されています。

上のお鍋はもう、忘れてしまいましたがかなり前に
お店にあったものを
自宅で使おうと思って出してきたのです。
お鍋の大きさはいただく人数によって大きさを
変えていますので、家には5個程あります。

特別に↑を販売しているわけではないのですよ。

しかし、お鍋は食生活に欠かせないものなので
お店において数点は置いてはいます。

作家の鍋、当社のものもありますが
大量生産しているわけではなく、
手作りの鍋をメインにみなさまにご覧いただいております。

尚、鍋ごはんは今から8年程前に、ある地元の鍋専門の企業様と
提携して創刊号に掲載しました。(追々に更新させていただきます)














| ブログ | 13:22 | - | - |
信楽焼 焼き物 陶器 うつわ 蓮月 ホームページ制作 南大阪 エントランスウェブ